FC2ブログ

ひだまり

 

大好きな紅茶・お花・ 日々の中のほっ♪とタイムを綴ります。

☆紅茶セミナ- ・ 英国の庭園と歴史・文化☆(追記・ジャンパナ茶園・自宅にて試飲再び♪) 

八月はセミナ-も「夏休み
二ヶ月振りに前橋へ

横浜から帰省中の 
どうしても会いたいと言う友人(と言っても年齢差下)の希望調整が
セミナ-を共に受講・・・しかセレクト無く・・・
但し
高崎市内での用事を済ませてからと言う事で迎えに出向き
慌ただしく 「珈琲館」でランチ

久々(多分 2年半以上)「珈琲館・ハウスサンド&炭火焙煎コ-ヒ-」
珈琲館・サンドイッチ
(通常一人でしたら お昼抜きの参加なのデス


テ-マは 「英国の庭園の歴史・文化」

ヨ-ロッパの庭園文化は
イタリア・ルネッサンス庭園で開花し・・・絶対王政のフランスで「整形式庭園」を誕生させ

18世紀に英国に伝わり
それぞれの時代の文化や 社会を色濃く反映して
英国の生活が 文化そのもの・・・と言わしめるまでの「風景式庭園」が完成
主な庭園用語の解説のお話をお聞きし 
写真・紹介を拝見・・・

ティ-タイムは

サイドフ-ド「レモン風味の焼き菓子」(アザミ型のホ-ル)で・・・
ダ-ジリン・セカンドフラッシュ ジャンパナ茶園(ティ-ジュさん)
ダ-ジリンセカンド・ジュンパナ
ですが・・・
ファ-ストを思わせる苦みが先行し 甘味は何処

実は・・・「お湯が沸騰し過ぎ 差し水
お湯の温度が下がり渋みが」と先生の説明
(会場・外に厨房設置 
この所 実習がない場合のティ-タイムのためのティ-メイクは厨房で・・・が恒例
傍で お湯の管理が出来ないのです

美味しい紅茶を淹れるための 【お湯の温度の大切さ】をあえて知って頂くために
もう一度淹れ直しますので 味を比べて下さい」と・・・
でも
【お湯の温度の大切さ】は 改めて実感・納得致しましたが

「紅茶工房・Legina」さんからのサングマ茶園・セカンドフラッシュの方が
私には美味しかったナとの感想でした

次ぎに頂きましたのは・・・ケニア
ケニア
ニルギリ(雲広がり 部屋も少し暗く水色の違い 確認出来ませんネ
ニルギリ
た~っぷり頂きました四杯の紅茶
「やはり・・・ハウスサンド不必要」を実感

帰路 走り出すなり 
突然の「高崎駅・西口まで行って
友人の言葉にえっ~
「予定していたのなら 事前に言っておいて」とあえて一言

帰宅後
特に最近は 突然の予定外行動には酷く疲れてしまう事もあり・・・
何時ものセミナ-受講の 数倍の疲労感に包まれた私が居りました   

来月は マイペ-スで

【追記】昨日先生より 
ダ-ジリンセカンドフラッシュ・ジュンパナ茶園お分け頂き
先程 お湯の温度に注意しつつ淹れてみました
セカンドジャンパナ
水色 濃いオレンジは今年の特徴だとか・・・
渋み やや抑えられて・・・
ず~っと後口に残る甘味は仄かに
渋みは やはり強い気が・・・
「ジャンパナ茶園」のセカンドは 
ダ-ジリンの本来持つ特徴が顕著の印象

「サングマ茶園」のセカンドも 先生に味わって頂き
その感想が 少し前に届きましたが・・・
私が感じた通り 
やはり 
まろやかで穏やか しかも香り高くとても美味しいく飲みやすい
「サングマ茶園」のお味を好きと感じる方 多いかも知れませんねと・・・ 

お訪ねありがとうございます
ランキングに参加させて頂いております
クリックして頂けたら 嬉しいデス
にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
Posted on 2012/09/17 Mon. 06:25 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △